化学流産と卵子の質と年齢のことを悩んだ31歳

私の一人目の出産が27歳でした。

25歳で結婚、26歳の終わりに妊娠、27歳で出産。
最近では初産の平均年齢が30歳を超えているという現実。
なので割と早く授かったほうなのかもしれないですね。
卵子のピークが25歳なのでそれほど遅くもないと思うんですが…

しかし、化学流産しました 😥

31歳の時には化学流産と稽留流産も 😥

年齢が上がって30を過ぎ、不安的中…
流産なんて自分には関係ないような気がしていましたが
本当に流産するんだなって思い知らされました。

年齢が上がると妊娠の確率が減っていくのはなぜ?

それは卵子の質が下がるから_| ̄|○ il||li

化学流産も流産も卵子の質が低下すれば起こりやすくなります。
流産の原因は染色体の異常がほとんどだと言われているけど
その染色体の異常は遺伝子情報のミスコピーだと表現されている方がいました。
わかりやすいですね 😛

年齢が上がると卵子の老化が進み、遺伝子情報のミスコピーが増えるんですって。

あぁ、老化とは悲しい…ただでさえ財布忘れて買い物行ったり
サザエさんになりつつあるというのに、卵子までサザエさん化していくのね。

老人女性

 

卵子の老化は25歳を過ぎるとどんどん進みます。
その卵子を元気にさせるために出来ることがあります。

その話はこちらで⇒妊活には葉酸より大切なことがある

関連記事

ページ上部へ戻る