化学流産の症状は普通の生理、それだけ。

化学(的)流産とは本来生理予定日から1週間後ぐらいに使用するべき妊娠検査薬を
生理予定日前後の早い時期にフライングして使用し、うっすら反応が出たのに数日後に生理が
来るというもの。

ネット検索をしていると、Q&Aサイトで専門用語を駆使して医師ばりに悩めるベビ待ちさんの質問に答えまくっている人がいますが…

化学流産は流産ではない

要は化学流産はうまく着床できていなかっただけ。
これも妊娠だと思う人はそれでいいし、私は妊娠だとは思いませんがそれはそれでいい。

ただ、流産にはカウントしません。これはどの医者も同じだと思います。

私は流産じゃないなら妊娠でもないな。ただそう思っているだけです。
一般論としてね。

妊娠をしたいと強く思っているから気づくだけ。
普通に暮らしていたらいつもの生理です。

ちょっと生理痛が重いかな~程度です。
つわりがあるという方がいますが、いつもより重い月経前症候群みたいなもんですね。

化学流産をしたらどうすればいい?

生理なので病院に行く必要もありません。
検査薬も無反応になると思います。
本当に妊娠していたら多少出血しても検査薬の線はどんどん濃くなります。
尿に触れたらあっという間に終了線より濃くなりますから。

不妊症に悩む方ではなく妊活初期の方は化学流産のことを深く考えないで欲しい。
悲しい、悔しい、でも生理です。

今回はうまく着床できなかったけど妊娠の一歩手前まで来ているんです。
これは希望です。

そう思わないとこの先辛いかも。
化学流産て妊活期間が長いと何度も経験するんです。
すぐに授かればいいんですけど、1年は自然に任せようとおもって
1年に何度も化学流産しちゃって落ち込みまくった私が言います。

化学流産は生理なのですぐに子作り再開できます。
悲しむより希望♡

気楽に…気楽に…

関連記事

ページ上部へ戻る